お申し込み受付中のクラス & イベント

◆Bクラス 3rd Season 「耳に残るメロディって何だ?」(2020年1-5月)◆

・第4回   「噛めば噛むほどソンドハイムの後味」 4/18(土)

・第2回振替講演「ロイド=ウェッバーの何が『王道』なのか」5/10(日)

 

【会場】早稲田奉仕園セミナーハウスYou-Iホール

(東京都新宿区西早稲田2-3-1/東京メトロ東西線 早稲田駅、副都心線 西早稲田駅)

   

<お申し込みはこちら>



これまでにリクエストを頂戴したトピックを多数取り入れ、また注目の初演・再演が目白押しの2020年ならではのラインナップとなっております。3rd Seasonは各回「作曲家」に焦点をあて、複数の作品を観察しながら、各クリエイターの特徴・傾向・クセを探っていきます。是非この機会に足をお運びください。

※2/29(土)予定の「ロイド=ウェッバーの何が『王道』なのか」は開催中止、振替とさせて頂きます。詳しくはこちら

※会場でのお取り扱いは、【当日参加/当日精算/次回以降のお申込&お支払い】全て現金のみとさせていただきます。予めご了承ください。

※ポイントカードのご利用は、どなたさまも等しく【10pt満了につき、次回 ¥2,000-割引】とさせていただきます。(1回のご出席で1pt)

クラス紹介

BHSミュージカル研究所では、2020年現在2つのクラスを実施しています。

【Aクラス】アカデミークラス

レッスンの形態を自由に選べる、プライベートレッスンです。

 

参加資格

プロの舞台俳優さん、舞台スタッフさん、及びそれらを目指す方

 

クラス概要

参加される方のご要望に応じて、個人レッスンやグループレッスンなど形態は自由です。2018年に実際に行ったクラス・個人レッスンの主な内容は以下の通りです。

 

・グループ

ミュージカルナンバーの楽曲分析・仏語原詞分析による、歌い方への新たなアプローチの研究(『レ・ミゼラブル』と『ミス・サイゴン』を取り上げました)。

 

・個人レッスン

例1:ミュージカルナンバーの楽曲分析(コード進行や旋律進行など)、その作品の歴史解説

 

例2:劇場関係学科への、海外留学受験対策。既存の作品/作詞家/作曲家への理解および、規定のテーマの舞台化における可能性についてのディスカッション。

 

開催頻度

ご要望に応じて決定いたします。

 

会場

不定

 

受講料

  • グループレッスン(2人以上)¥4,000-/h (税別)
  • 個人レッスン ¥4,500-/h (税別)

お申し込み方法

お申し込みはコチラ

【Bクラス】一般向けクラス

ミュージカルの歴史と音楽を学べる、公開講座です。

 

●参加資格

高校生以上どなたでも可。一般のミュージカルファンの方歓迎いたします。

 

●クラス概要

半年を1シーズンとしてテーマを決め、月に一度、特定のミュージカル作品や作曲家を取り上げて公開講座を開催中。【楽譜と専門用語を使わずに】ピアノと歌の生演奏、そしてことばによる解説を交えた講義形式で行います。複数の作品を並列的に比較したり、歴史や語学などの要素を取り入れたりと、様々な切り口による2時間の講義を通して、作品へのより深い理解を得られるような内容を目指しています。

 

●開催頻度

月1回(主に土日祝日の午後)

 

会場

早稲田奉仕園 You-Iホール

 

●受講料

  • 一般 ¥4,000-(税別)
  • U25割引 ¥3,000-(税別)
  • 初めて割引¥2,000-(税別)

お支払いは原則として銀行振込にて承っております。その他ご来場された回に、それ以降の回のお申し込みおよび現金でのお支払いが可能です(空席がある場合に限ります)。

 

お申し込み方法

お申し込みはコチラ